アヤナス ドラッグストア

春や秋のお肌メンテナンス

乾燥肌に大敵というのは空気が乾燥することなんですが、空気が乾燥することのために肌に含有されている水分が失われやすくなってしまうため結局のところ乾燥肌のケースを作ってしまう訳に繋がっていきます。
洗濯物の乾き具合を顧みてもチェックできる通り同等の晴れであっても夏に比べて秋とか春の方が速攻で乾くケースが見受けられますが、それは季節次第で湿度が異なっているせいでで春や秋など季節の変わり目というのは天候が悪い日も多いことから雨が多く湿度は高いみたいに実感する人もいるらしいです。

 

けれども、雨が降っても翌日には晴れて湿度が極端に下がる日も少なくなく日によって湿度に歴然の差が生まれるのもシンボル的な季節になっていますので雨が降ってない日は特別に肌の乾燥を促してしまうことが有りますから加湿器を活用することや肌へのスキンケア方法を抜け目なくすることが必要です。
また、秋については夏のようなほど空気は湿潤傾向にあり、冬に近づくほど乾燥傾向にあるといったことも覚えておく必要があり、気温が落ち込む晩秋になってくると乾燥肌の対策をきっちりと実行する必要性が出てきます。
空気中の水分量は湿度計などを使うことでも気付くことができるはずですが、屋外の湿度が高いので抵抗なくいると室内の湿度が極端に下がっていることがあるので注意が必要です。
乾燥肌対策を考える場合は湿度の分布を間違えないのがポイントで季節によって変わるのみならず一日を通しても朝と昼では相当な湿度差が出るので注意して見るようにした方が良いでしょう。

 

夏のお肌メンテナンス

乾燥肌対策を整える中において空気中の水分量はすごく狙いどころになるはずですが、夏とは異なり冬の方が乾燥しやすいと言われるのは冬季に日本中を覆う気団が関係している他、冬は暖房器具を使うことによって強制的に温度を上昇させるのが多くなってきていると思います。

 

同水分量と仮定したらに温度の高低が湿度の高低にも繋がり、温度が上がると相対的に湿度が下がってしまうのも乾燥した空気を作り出すファクターになるはずです。
なので寒さ対策を考えるシーンでは暖房器具を用いるケースでは可能な限り湿度を上げるように加湿器など外的なコツで対策するのが肝心で、特に日中は気温が高まる影響もあって湿度がただでさえ低くなりやすい時間なので気を付ける必要があるでしょう。

 

一方、夏になると小笠原気団と言われる海洋が作り出す気団に覆われるので空気は湿潤となることから空気が乾燥することは少なくなりますが、冷房を使っても湿度は低くなるのとは違ってかえって上向くためそこまで間違いではありません。

 

しかし、夏季は紫外線が強い季節にもなるので紫外線対策を本気でしないと乾燥肌を促す因子になることもあるので注意が必要ですが、紫外線対策を考えながらさらに湿度コントロールする必要性も考えられます。
また、乾燥肌は生活習慣にも関わりがあるのですが、暑い季節は日中の行動が億劫になることから夜間中心型になる人も多いのが特色で、夜間型になると成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうので注意することが必要です。